2012年04月09日

第72回桜花賞/ジョワドヴィーヴル6着

(8日、阪神競馬場、第72回桜花賞、3歳牝、GI・芝1600m)結果

1着ジェンティルドンナ(岩田康誠騎手)勝タイム:1分34秒6
2着ヴィルシーナ    1/2馬身
3着アイムユアーズ   1/2馬身

※1番人気ジョワドヴィーヴルは後方追走から伸びを欠き6着に敗れた。



犬ジェンティルドンナ(牝3)
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
血統:全姉にドナウブルー(京都牝馬S-GIII)
厩舎:栗東・石坂正
通算成績:5戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:12年シンザン記念(GIII)

  • 史上最強馬BEST20
  • 海外競馬最新情報


  • ブランド通販帝国 facebookページ
  • 競馬大帝国 twitterはコチラ


  • posted by マイソン at 02:04| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年04月01日

    産経大阪杯/ダービー卿CT

    速報ドバイの結果はコチラ

    第56回大阪杯(1日、阪神競馬場、4歳上、GII・芝2000m)結果

    1着ショウナンマイティ(浜中俊騎手)勝タイム:2分05秒5
    2着フェデラリスト
    3着トーセンジョーダン

    犬ショウナンマイティ(牡4)
    父:マンハッタンカフェ
    母:ラグジャリー
    母父:Storm Cat
    厩舎:栗東・梅田智之
    馬主:国本哲秀
    生産者:矢野牧場
    成績:12戦4勝(11年鳴尾記念-GIII・2着など)

    第44回ダービー卿CT(1日、中山競馬場、4歳上、GIII・芝1600m)結果

    1着ガルボ(石橋脩騎手)勝タイム:1分33秒5
    2着オセアニアボス
    3着ネオサクセス

    犬ガルボ(牡5)
    父:マンハッタンカフェ
    母:ヤマトダマシイ
    母父:ジェネラス
    厩舎:美浦・清水英克
    馬主:石川一義
    生産者:高村伸一
    通算成績:24戦4勝
    主な勝ち鞍:10年シンザン記念、12年東京新聞杯-GIIIなど

  • 史上最強馬BEST20
  • 海外競馬最新情報




  • posted by マイソン at 16:29| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年03月25日

    高松宮記念

    news_netkeiba_com.jpg

    (25日、中京競馬場、第42回高松宮記念、4歳上、GI・芝1200m)結果

    1着カレンチャン(池添謙一騎手)勝ちタイム:1分10秒3
    2着サンカルロ     クビ
    3着ロードカナロア  1/2馬身

    映画(2012年)高松宮記念
    レース動画(YouTube提供)


    犬カレンチャン(牝5)
    父:クロフネ
    母:スプリングチケット
    母父:トニービン
    血統:半兄にスプリングソング(京阪杯-GIII)
    厩舎:栗東・安田隆行
    通算成績:15戦9勝(うち海外1戦0勝、重賞5勝)
    主な勝ち鞍:11年スプリンターズS-GI、11年阪神牝馬S-GII、11年函館スプリントS-GIII、11年キーンランドC-GIII
    posted by マイソン at 23:43| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    日経賞

    (24日、中山競馬場、第60回日経賞、4歳上、GII・芝2500m)結果

    1着ネコパンチ(江田照男騎手)勝ちタイムは2分37秒4
    2着ウインバリアシオン 3.1/2馬身
    3着ルーラーシップ      クビ


    犬ネコパンチ(牡6)
    父:ニューイングランド
    母:パシェンテ
    母父:ダンシングブレーヴ
    厩舎:美浦・星野忍
    馬主:桐谷茂
    生産:大道牧場
    成績:47戦5勝(重賞1勝)

  • 史上最強馬BEST20
  • 海外競馬最新情報



  • posted by マイソン at 23:35| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年03月18日

    阪神大賞典・・まさか/スプリングS

    第60回阪神大賞典(18日、阪神競馬場、4歳上、GII・芝3000m)結果

    1着ギュスターヴクライ(福永)勝タイム:3分11秒8
    2着オルフェーヴル     1/2馬身
    3着ナムラクレセント   2.1/2馬身

    ※1.1倍の圧倒的人気のオルフェーヴルは、3コーナー手前で池添騎手が抑えきれずに逸走最後方まで後退、直線で巻き返すも届かず2着となり。昨年のスプリングSから続いていた連勝記録も6でストップした。
     次の目標である、天皇賞(春)は、阪神大賞典より200メートル長い、3200メートル。今後が心配される一戦となった。
     なお、リッカロイヤルは馬体に故障を発生し、競走を中止している。

    映画(2012年)阪神大賞典
    レース動画(YouTube提供)


    犬ギュスターヴクライ(牡4)
    父:ハーツクライ
    母:ファビラスラフイン(96年秋華賞-GI)
    母父:Fabulous Dancer
    厩舎:栗東・荒川義之
    成績:16戦5勝
    前走:ダイヤモンドS2着

    第61回スプリングS(18日、中山競馬場、3歳、GII・芝1800m)結果

    1着グランデッツァ(M.デムーロ騎手)勝タイム:1分50秒7
    2着ディープブリランテ    1.1/4馬身
    3着ロジメジャー       3.1/2馬身

    ※昨年の朝日杯FSの覇者アルフレードは12着だった。

    犬グランデッツァ(牡3)
    父:アグネスタキオン
    母:マルバイユ
    母父:Marju
    半姉:マルセリーナ(11年桜花賞-GIなど)
    厩舎:栗東・平田修
    馬主:社台レースホース
    生産:社台ファーム
    成績:5戦3勝
    主な勝ち鞍:11年札幌2歳S-GIII

  • 史上最強馬BEST20
  • 海外競馬最新情報

  • posted by マイソン at 16:56| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • 競馬大帝国♪ >中央競馬最新情報
  • ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。