2012年01月29日

京都牝馬S

(29日、京都競馬場、第47回京都牝馬S、4歳上、GIII・芝1600m)結果

1着ドナウブルー(C.デムーロ騎手)勝タイム:1分33秒8
2着ショウリュウムーン     1.1/4馬身
3着アスカトップレディ     クビ

※ドナウブルーはデビュー2連勝以来勝ち星から遠ざかっていたが、前走の1000万下戦で1年ぶりの勝利。この際に手綱を取ったのがM.デムーロ騎手で、兄弟騎手での連勝となった。

犬ドナウブルー(牝4)
父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
厩舎:栗東・石坂正
成績:9戦4勝

  • 史上最強馬BEST20

  • 海外競馬最新情報






  • posted by マイソン at 21:37| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年01月22日

    ルーラーシップ圧勝/AJCC

    photo_mainrace201206010711.jpg

    (22日、中山競馬場、AJCC、4歳上、GII・芝2200m)結果

    1着ルーラーシップ(福永祐一騎手)
    2着ナカヤマナイト   3馬身
    3着ゲシュタルト    2馬身

    犬ルーラーシップ(牡5)
    父:キングカメハメハ
    母:エアグルーヴ
    母父:トニービン
    半姉:アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GIなど重賞5勝)
    半兄:フォゲッタブル(ステイヤーズS-GIIなど重賞2勝)
    厩舎:栗東・角居勝彦
    成績:14戦7勝(重賞4勝)

  • 史上最強馬BEST20

  • 海外競馬最新情報



  • posted by マイソン at 18:49| 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年12月25日

    オルフェーブル4冠達成/有馬記念

    news_netkeiba_com.jpg

    (25日、中山競馬場、第56回有馬記念、3歳上、GI・芝2500m)結果

    1着オルフェーヴル(池添謙一騎手)勝タイム:2分36秒0
    2着エイシンフラッシュ 3/4馬身
    3着トゥザグローリー クビ

    映画(2011年)有馬記念
    レース動画(YouTube提供)


    ※2番人気で引退レースだったブエナビスタは7着、去年の勝ち馬で今年ドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサは8着に終わった。

    強豪古馬の壁を打ち破ったオルフェーブル、着差以上の強さだった。競馬は着差ではなく、いかに強豪を負かすか!・・を改めて実感させられるレースであった。

    ウマオルフェーヴル(牡3)
    父:ステイゴールド
    母:オリエンタルアート
    母父:メジロマックイーン
    厩舎:栗東・池江泰寿
    成績:11戦7勝(重賞6勝)
    主な勝ち鞍:11年皐月賞(GI)、11年日本ダービー(GI)、11年菊花賞(GI)、11年神戸新聞杯(GII)、11年スプリングS(GII)
  • 史上最強馬BEST20
  • ロレックス腕時計はコチラ


  • モバイル版はこちら⇒競馬予想でジョッキー(モバイル)
    posted by マイソン at 19:44| Comment(3) | 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年12月19日

    アルフレードが無敗で2歳王者に/朝日杯FS

    (18日、中山競馬場、GI・第63回朝日杯FS、2歳、芝1600m)結果

    1着アルフレード(C.ウィリアムズ騎手)勝タイム:1分33秒4(R)
    2着マイネルロブスト 2馬身
    3着レオアクティブ 1/2馬身

    ※鞍上のC.ウィリアムズ騎手は、10年天皇賞・春、11年NHKマイルCに続く国内GI・3勝目、管理する手塚貴久調教師は開業13年目での悲願のGI初制覇となった。

    ウマアルフレード(牡2)
    父:シンボリクリスエス
    母:プリンセスカメリア
    母父:サンデーサイレンス
    厩舎:美浦・手塚貴久
    馬主:キャロットファーム
    生産者:ノーザンファーム
    成績:3戦3勝(前走・きんもくせい特別1着)

  • 電化製品通販
  • 長財布 通販はコチラ
  • 海外競馬最新情報



  • モバイル版はこちら⇒競馬予想でジョッキー(モバイル)
    posted by マイソン at 02:12| Comment(0) | 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    愛知杯/レーヴディソール4着、フミノイマージンV

    (18日、小倉競馬場、第49回愛知杯、3歳以上、牝、芝2000m)結果

    1着フミノイマージン(太宰啓介騎手)勝タイム:1分59秒4
    2着ブロードストリート 1/2馬身
    3着コスモネモシン   3/4馬身

    ※勝ったフミノイマージンは今年の福島牝馬S(GIII)で初重賞タイトルを手にすると、夏のマーメイドS(GIII)も快勝。今回の愛知杯で重賞3勝目となった。

    尚、1番人気レーヴディソールは4着に敗れている。

    ウマフミノイマージン(牝5)
    父:マンハッタンカフェ
    母:シンコウイマージン
    母父:Dixieland Band
    厩舎:栗東・本田優
    馬主:谷二
    生産者:シンコーファーム
    成績:21戦7勝(前走・エリザベス女王杯8着)

  • 史上最強馬BEST20

  • 海外競馬最新情報



  • モバイル版はこちら⇒競馬予想でジョッキー(モバイル)
    posted by マイソン at 02:06| Comment(0) | 中央競馬最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • 競馬大帝国♪ >中央競馬最新情報
  • ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。